当ブログについて:管理人のプロフ

名曲 音楽動画(PV)/視聴/試聴 <Last update 2016-2-11>

大ヒット曲や管理人イチオシの曲を紹介します。

マイアミ・バイスのテーマ / ヤン・ハマー 

パートタイム・ラヴァー / スティーヴィー・ワンダー

すべてをあなたに / ホイットニー・ヒューストン

テイク・オン・ミー / ア・ハ

Oh、シーラ / レディ・フォー・ザ・ワールド

マネー・フォー・ナッシング / ダイアー・ストレイツ

セント・エルモス・ファイア / ジョン・パー

パワー・オブ・ラブ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

シャウト / ティアーズ・フォー・フィアーズ

エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / ポール・ヤング

007・美しき獲物たち / デュラン・デュラン

ススーディオ / フィル・コリンズ

ヘヴン / ブライアン・アダムス

恋のかけひき / ワム!

ドント・ユー? / シンプル・マインズ

クレイジー・フォー・ユー / マドンナ

ウィー・アー・ザ・ワールド / USA フォー・アフリカ

ワン・モア・ナイト / フィル・コリンズ

涙のフィーリング / REOスピードワゴン

ケアレス・ウィスパー / ワム!

アイ・ウォナ・ノウ / フォリナー

ライク・ア・ヴァージン / マドンナ

アウト・オブ・タッチ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ウェイク・ミー・アップ / ワム!

カリビアン・クイーン / ビリー・オーシャン

心の愛 / スティーヴィー・ワンダー

レッツ・ゴー・クレイジー / プリンス

ミッシング・ユー / ジョン・ウェイト

愛の魔力 / ティナ・ターナー

ゴースト・バスターズ / レイ・パーカーJr.

ビートに抱かれて / プリンス

リフレックス / デュラン・デュラン

レッツ・ヒア・ボーイ / デニース・ウィリアムス

フット・ルース / ケニー・ロギンス

ハロー / ライオネル・リッチー

ジャンプ / ヴァン・ヘイレン

カーマは気まぐれ/カルチャー・クラブ

セイ・セイ・セイ / ポール・マッカートニー アンド マイケル・ジャクソン

オール・ナイト・ロング / ライオネル・リッチ

アイランズ・イン・ザ・ストリーム / ケニー・ロジャース ウィズ ドリー・パートン

愛のかげり / ボニー・タイラー

あの娘にアタック / ビリー・ジョエル

マニアック / マイケル・センベロ

スウィート・ドリームス / ユーリズミックス

見つめていたい / ザ・ポリス

今夜はビート・イット / マイケル・ジャクソン

あまねく愛で / パティ・オースチン&ジェームス・イングラム

アフリカ / トト

ダウン・アンダー / メン・アット・ワーク

アブラカダブラ / スティーブ・ミラー・バンド

マンイーター / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ミッキー / トニー・バジル

トゥルーリー / ライオネル・リッチー

ノックは夜中に / メン・アット・ワーク

アイ・オブ・ザ・タイガー / サバイバー

エボニー・アンド・アイボリー / ポール・マッカトニー&スティーヴィー・ワンダー

炎のランナー / ヴァンゲリス

プライベート・アイズ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

エンドレス・ラブ / ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー

ジェシーズ・ガール / リック・スプリングフィールド

ショッキング・ビートルズ(シングルバージョン)/ スターズ・オン45

モーニング・トレイン / シーナ・イーストン

キッス・オン・マイ・リスト / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ラプチュア / ブロンディ

恋のレイニー・ナイト / エディ・ラビット

9時から5時まで / ドリー・パートン

セレブレーション / クール&ザ・ギャング

ワーキング[メドレー]あやまち / スピナーズ

クルージン / スモーキー・ロビンソン

カーズ / ゲイリー・ニューマン

夢見るNo.1 / ブロンディ

スターティング・オーバー / ジョン・レノン

レイディー / ケニー・ロジャース

ウーマン・イン・レッド / バーブラ・ストライサンド

地獄へ道づれ / クイーン

アップサイド・ダウン / ダイアナ・ロス

愛のテーマ / バリー・ホワイト(ラブ・アンリミッテド・オーケストラ)

忘れられない君 / バリー・ホワイト

セイリング / クリストファー・クロス

マジック / オリビア・ニュートン・ジョン

サンライズ / シンプリー・レッド

ロックンロールが最高さ / ビリー・ジョエル

カミング・アップ / ポール・マッカートニー

ファンキー・タウン / リップス・インク

コール・ミー / ブロンディ

アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール / ピンク・フロイド

愛という名の欲望 / クイーン

愛の証し / キャプテン&テニール

ロック・ウィズ・ユー / マイケル・ジャクソン

エスケイプ / ルパート・ホルムス

プリーズ・ドント・ゴー / ケイ・シー&ザ・サンシャイン・バンド

ひとりぼっちのロンリー・ナイト / ポール・マッカートニー

ジェラス・ガイ / ジョン・レノン

愛のハーモニー / ディオンヌ&フレンズ

テイク・オン・ミー / ア・ハ

ショッキング・ビートルズ(Stars On 45 US Version) / スターズ・オン

オンリー・ユー / ヤズー

汚れなき愛 / ソフト・セル

好きにならずにいられない / UB40

呪われた夜 / イーグルス

チェイン・ギャング / プリテンダーズ

夜明けの天使 / ジュース・ニュートン

マネー・フォー・ナッシング / ダイアー・ストレイツ

ステイ / リサ・ローブ

愛は哀しくて / ボニー・タイラー

オールウェイズ / アトランティック・スター

ホワッツアップ / フォー・ノン・ブロンズ

ザッツ・オール / ジェネシス

アイ・ミス・ユー / クライマックス

カモン・アイリーン / デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

シーサイド・ラブ / エア・サプライ

イージー・ラバー / フィリップ・ベイリー with フィル・コリンズ

ジョアンナ / クール&ザ・ギャング

ブレイクアウト / スウィング・アウト・シスター

ワン・モア・トライ / ジョージ・マイケル

青春の傷あと/ ジョン・クーガー

嘆きの天使 / スティービー・ニックス

ウィ・ガット・ザ・ビート / ゴー・ゴーズ

セーラ / スターシップ

テイク・イット・トゥ・ザ・リミット/イーグルス

ホールド・ユー・バック/トト

宇宙の彼方へ/ボストン

Love Bites / デフ・レパード

ロンリー・ハート/イエス

スレッジハンマー/ピーター・ガブリエル

アイム・セクシー/ロッド・スチュワート

テキーラ・サンライズ/イーグルス

I.G.Y.(What A Beautiful World)/ドナルド・フェイゲン

Through The Fire/チャカ・カーン

霧の中の二人/マッシュ・マッカーン

恋はあせらず(You Can't Hurry Love)/フィル・コリンズ

男が女を愛する時(When A Man Loves A Woman)/マイケル・ボルトン

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード/エルトン・ジョン

翼をひろげて/ジャーニー

ウーマン/ジョン・レノン

バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー & ウィングス

スウィート・チャイルド・オブ・マイン/ガンズ&ローゼズ

Love Bites/デフ・レパード

愛はきらめきの中に/ビージーズ

ベティ・ディビスの瞳/キム・カーンズ

ザ・ベスト・オブ・タイムス/スティクス

ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラブ/バン・ヘイレン

ステッピン・アウト/ジョー・ジャクソン

These Dreams/ハート

ココモ/ビーチ・ボーイズ

To Be With You/ミスター・ビッグ

思い出の中に/リトル・リバー・バンド

月に吠える/ボブ・シーガー

トゥルー/スパンダー・バレー

ふられた気持/ホール&オーツ

ハート・オブ・グラス/ブロンディ

More Than This/ロキシー・ミュージック

ルビー・チューズデイ,ホンキー・トンク・ウィメン,ビースト・オブ・バーデン/ローリング・ストーンズ

ハングリー・ハート/ブルース・スプリングスティーン

ホールド・オン・タイム/エレクトリック・ライト・オーケストラ

ラズベリー・ベレー/プリンス

ハート・トゥ・ハート/ケニー・ロギンス

愛はどこへ行ったの/スプリームス

ゼア・マスト・ビー・エンジェル/ユーリズミックス

それ行け!ウィーク・エンド/ラバーボーイ

ボヘミアン・ラプソディ,愛にすべてを,Spread Your Wings/クイーン

愛はとまらない/スターシップ

ギミー・ギミー・ギミー/アバ

ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン/ドリーム・アカデミー

ボーイズ・オブ・サマー/ドン・ヘンリー

フックト・オン・クラシックス/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

愛のゆくえ/What's Going On[マービン・ゲイ]

イグニッション/アール・ケリー

愛がすべて/スタイリスティックス

アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ハッスル/ヴァン・マッコイ

ラヴァー・ガール/ティナ・マリー

永遠の愛の炎/チープ・トリック

ジャック・アンド・ダイアン/ジョン・クーガー

ニード・ユー・トゥナイト/インエクセス

ナイト・シフト/コモドアーズ

素顔のままで/ビリー・ジョエル

ジェニー・ナンバー・876-5309/トミー・テュトーン

ミスティー・ハート/クォーターフラッシュ

ウィズアウト・ユー/エル・プレジデンテ

ルール・ザ・ワールド/ティアーズ・フォー・フィアーズ

哀愁のヨーロッパ/サンタナ

Kissing A Fool/ジョージ・マイケル

シュガー・ベイビー・ラヴ/ルベッツ

アイ・キャント・ハヴ・ユー/イヴォンヌ・エリマン

ヒート・オブ・ザ・モーメント/エイジア

バビロンの河/ボニー・M

ドライブ/カーズ

クール・ナイト/ポール・ディビス

スターズ/シンプリー・レッド

ラジオ・スターの悲劇/バグルズ

ベイビー・キャン・アイ・ホールド・ユー/トレイシー・チャップマン



アクセスアップにオートリンクネット 
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら






日記コーナー <Last update 2016-4-30>

現在や過去の思い出を洋楽で綴る日記です。洋楽ヒットのデータも掲載します。

プリンス(殿下) 死す! 

1985年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

1984年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

When Doves Cry「ビートに抱かれて」 名曲との出会い 〜プリンス〜

自己破産からの起死回生 〜シンディー・ローパー ソロデビュー〜

ホイットニー・ヒューストン 〜20年前の奇跡〜

1983年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

1982年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

2011年 イーグルスコンサート @ 京セラ大阪ドーム

全米ビルボードの1981年年間チャート

1981年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

レディ・ガガ(Lady Gaga)今さらですが。。。

1980年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

全米ビルボードの1980年年間チャート

洋楽に目覚めて・・・

初めて聴いた洋楽、ビートルズ「Let it be」との出会い

The King Of Pops マイケル・ジャクソン逝去

ビートルズ・・・消え行く昭和

『フラッシュ・ダンス/Flashdance』と『フットルース/Footloose』

洋楽をカラオケで 『カーペンターズ/トップ・オブ・ザ・ワールド』

雨と言えば。。『スーパートランプ/Supertramp - It's Raining Again』

ラップ・ミュージックと出会う 『おしゃべり魔女/トム・トム・クラブ, Walk This Way/ランD.M.C』

『ミッシング・ユー/ジョン・ウェイト』 〜 いつかは、会いたい人 〜

『Waiting On A Friend』ザ・ローリング・ストーンズ 〜友を待っている〜

ディープ・パープル 『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 〜 ロック・バンドに憧れて 〜

見つめて欲しい 『フィル・コリンズ』 〜 彼女の事を想い出す 〜

ローリング・ストーンズ 『ミス・ユー』 70年代ディスコ・ブーム

キッス /ラヴィン・ユー・ベイビー『デトロイトを元気にしてくれ』

アローン・アゲイン/ギルバート・オサリバン『当たり前のように、また一人』

ボストン 『8年に一度のお楽しみ』

ホイットニー・ヒューストン 〜20年前の奇跡〜

クイーン 〜がんばれ タブチ〜

イージー・リスニングを再度 〜パーシー・フェースとレーモン・ルフェーブル〜

ポール・モーリア 〜イージー・リスニングの先駆け〜

悲しき願い/ Don’t Let Me Be Misunderstood 『サンタ・エスメラルダ』 カヴァー曲というもの



デュラン・デュラン スーパー・アイドル登場


1981年にデュラン・デュランが、プラネット・アースでデビューした。
アメリカでは特に注目されなかったが、日本ではルックスが良かったために売れるという判断があったのか、かなり積極的なプロモーションがあり、じわじわ人気が出て、次第に注目される存在となっていった。続きを読む(動画もあります)




洋楽の情報をいつも書いていた、交換日誌


中学生(1980年)の頃、学校では交換日誌というものがあった。これは、クラスで約6名づつの班分けがあって、毎日、その班の誰かが日誌を書いていくというものだ。班は6名しか居ないから、週1回のペースで自分の順番が回ってくる。
基本的には日誌には何を書いても良い事になっていた。続きを読む


愛と青春の旅立ち「An Officer and a Gentleman」 〜初めてのデートの思い出〜


「早く来ないかな。」 今日は生まれて初めてのデート。僕は駅前の噴水の前で、そわそわしながら、彼女が来るのを待っていた。デートの行き先は決まっている。映画館だ。別に映画が好きな訳ではない。彼女が居れば、どこでも良かった。ただ、デートに映画を選んだだけ。(動画もあります)続きを読む


ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 〜愛を信じるか?〜


「しゃーないな。」「どこかで時間潰す?」「映画館に入って寝よか?」
時は1985年、僕たちは大阪のキタにある、北野劇場へと足を運んだ。
当時、高校生だった僕たちは、女の子をナンパしようという事で、大阪のキタへ出掛けた。しかし、上手く行かずに、終電も無くなってしまい、仕方なく、映画館で夜を過ごすかということになった。続きを読む(動画もあります)


ひき逃げ殺人とオデッセイとステイン・アライブ


いきなりで申し訳ないが、今日は気分が非常に悪い。原因は、大阪で起こったひき逃げ犯人のせいだ。
昨日、「車を押収した。」「使用者の若い男は行方不明。」というニュースを見て「いよいよ犯人逮捕か?」「ひょっとしたら自殺しているかも。」「普通の人間なら、正気で居れないよな?」と、会社の同僚と話をしていた。そして、今日、逮捕との報道。しかも、犯人は、反省しているどころか、“のほほん”と暮らしていたらしい。
更に怒りが込み上げてきた。遺族が気の毒でならない。そして、こんな奴に税金が使われるのかと思うと、実に腹立たしい。続きを読む(動画もあります)


小室哲哉逮捕 〜日本の音楽を変えた男〜


「小室哲哉逮捕」今朝の新聞各社のトップ記事だ。
驚いたのと同時に、「今日のワイドショーは各局、この話題が独占するな。」「ブログはこの記事が多いのだろうな。」と思った。そう思っている自分自身も、この話題について書いている。続きを読む


南から来た男 〜クリストファー・クロス〜


洋楽を聴き始めた1981年、初めて聴いたポップスベストテン(FM大阪)にチャートインしていた曲の7つは思い出せたが、残りの3曲が何だったか思い出せないと以前書いたが、その中の1曲を思い出すことができた。
それは、クリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur's Theme (Best That You Can Do))」だ。続きを読む(動画もあります)


「ザ・ジャム」と「スタイル・カウンシル」 〜ポール・ウェラー〜


「ジャム解散。」
1982年当時、イギリスで絶大な人気を誇っていたジャムが解散するということで、
FMラジオでは、盛んに特集を組んでは、ジャムの曲を流していた。
「ジャムって、そんなに有名なのか?」
「どんな曲がある?」
学校では、仲間うちでそんな会話をよくしていた。そして誰もがジャムというアーティストをよく知らなかった。続きを読む(動画もあります)


シカゴ 〜素直になれなかった中学時代〜


中学3年の頃、同じクラスの中に気になる子が居て、どうにかして、彼女と共通の話題を作れないかと、毎日考えていた。
とにかく、何かきっかけが欲しかった。
私は、洋楽が好きだったので、何気なく彼女に洋楽の話題を振ってみるが、あまり興味を示さなかった。続きを読む(動画もあります)


コンパクト・ディスク登場 〜 デジタル音楽時代の到来 〜


いつものように車内でCDを聴いていると、「シャリシャリシャリ。。。。」という音が鳴っているのに気付いた。
一旦、気にすると、このシャリシャリ音が気になって気になって仕方がない。直感的にCDの回転と同期している
音のように感じたので、原因を探るべく、FMラジオに切り替えると、このシャリシャリ音は消えた。「やはり、CDが原因か。」続きを読む


ディオンヌ・ワーウィック 〜ブラック女性歌手の大物〜


ディオンヌ・ワーウィックは、1982年に「ハートブレイカー」をリリースする。いつもの様にヒットチャート等でこの曲を聴き、私はこの曲が大好きになった。続きを読む(動画もあります。)


ハート 〜女性ハードロッカー〜


いつものように仕事を終えて車に乗り込む。
IGをONにした瞬間に、FMラジオにスイッチが入り、曲が流れ出す。
「どこかで聞いた事のある曲だな。」と思ったと同時に、この曲がハートの「What About Love?」であるということに気が付いた。

この曲「What About Love?」は1985年にリリースされ、全米10位を記録とまずまずのヒットを記録した。
しかし私が大好きだったのは、その次にリリースされた「Never」だ。
続きを読む(動画もあります)


USAフォー・アフリカ 〜 ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World) 〜


前回、バンド・エイドを記したので、本日はUSA フォー・アフリカの事を書きたいと思う。

1985年、USA フォー・アフリカは、バンド・エイドに刺激されるような形で結成され、「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」という曲をリリースした。
この曲の唄いだしは、ライオネル・リッチーで、次から次へと大物アーティストが唄っていく。
私が特に印象に残っているのは、ブルース・スプリングスティーンとスティービー・ワンダー、そしてレイ・チャールズだ。
続きを読む(動画もあります)


バンド・エイド 〜彼らはクリスマスを知っているか〜


1984年、バンド・エイドと言う名のグループが、「Do They Know It's Christmas?(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)」という曲をリリースした。これは、エチオピアを始めとしたアフリカの飢餓を受け、UKアーティストが集まって結成された一大プロジェクトだった。
このイベントによって、自分自身もアフリカの事を考える機会を与えてもらい、良かったと思っている。裕福な日本に住んでいると、なかなか、こういう事を考える事など、正直無いと感じる。
続きを読む(動画もあります)


カナダのハスキー・ボイス 〜ブライアン・アダムス〜


ハスキー・ボイスといえば、ロッド・スチュワートの代名詞だったが、1983年に、この男を知ってから状況が一変する。その男の名は「ブライアン・アダムス」だ。
「Straight From the Heart」が全米でヒットしたときに、彼を知るわけだが、ハスキー声に、バラード曲ということで、この曲は結構好きだった。
余談だが、この曲「Straight From the Heart」は、「ボニー・タイラー」にカバーされるが、これもなかなか良かった。この曲にはハスキー声が似合っているのだろう。

続きを読む(動画もあります)


アメリカで生まれた 〜ブルース・スプリングスティーン〜


「ブルース・スプリングスティーン」を初めて知ったのは、「ネブラスカ」というアルバムがヒットしていたころの1982年だ。アコースティック・ギターとハーモニカでレコーディングされたということで、当時非常に話題になっていた。
「ネブラスカ」は、私も一応一通り聴いた。単に、話題に乗り遅れてはいけないという思いがあって、とりあえず聴いてみたという感じだった。だから、曲自体については、全米3位を記録したアルバムにもかかわらず、全く記憶にない。
続きを読む(動画もあります)


マーヴィン・ゲイ 〜復活と突然の死〜


ソウル・R&Bというジャンルにおいて、衝撃を受けた曲は、マービン・ゲイの「セクシャル・ヒーリング」だった。
シンセサイザーを大胆に使用したと言う事で評判になっていた1982年リリースアルバム「ミッドナイト・ラヴ」からのシングルカットで、この曲は、大ヒットを記録し、グラミー賞を獲得した。
私は、この曲が非常に気に入っていて、イントロでの囁く様なコーラス、独特なリズム感、上手く表現できないが、今聞いても、ゾクゾクする。
続きを読む(動画もあります)


ウォークマンが買えなくて。。。(o_ _)o バタッ


1979年、ソニーがウォークマンを発売した。価格は3万円くらいしただろうか。
これにより、音楽は携帯する(ポータブル)時代になっていった。
洋楽を聴き始めた1981年頃、私は中学生だったし、裕福な家庭ではなかったので、ウォークマンは到底買えるものでは無かった。

だが、バッタ屋と呼ばれる安売り店(今で言う、ディスカウントストア)で、ポータブルカセットプレーヤーが5,000〜10,000円で売られていたので、これに飛びついて買った記憶がある。もちろん、これはウォークマンでは無い。サイズも体積で2倍くらいはあっただろうか。でも買ったときは嬉しくて、誇らしげにヘッドフォンを着けては、街に出掛けたものだ。
続きを読む


初めて好きになったハードロック・バンド 〜デフ・レパード〜


私は、あまりハードロックやヘヴィメタルは好きではなかった。正確には、基本的にヒットチャート中心に音楽を聞いていたので、その手の音楽に触れる機会がなかったというべきかも知れない。

1982年頃にデフ・レパードというバンドの「フォトグラフ」という曲が大ヒットした。大ヒットしたので、FMで、よく曲が流れていた。この曲は、イントロから凄くかっこよくて、ボーカルもよく、直ぐに気に入った。
続きを読む(動画もあります)

| 日記

ビジュアル系アーティスト カルチャー・クラブ・デビュー


1982年頃、MTVでカルチャー・クラブの曲が盛んに流されていた。曲名は「君は完璧さ」。
バンドの中心はボーイ・ジョージ。非常に奇抜なファッション(女装)で、どちらかとビジュアル面で注目されるバンドだった。私は基本的に、この手のアーティストは好みで無かったので、最初はカルチャー・クラブに興味が全くなかったが、いやはやどうして、この曲はタイトル通り、完璧で、直ぐに気に入ってしまった。
続きを読む(動画もあります)

| 日記
ダイエット食品・通販 紹介ダイエットサプリメント/食品/通販ダイエット食品通販・方法紹介寒天ダイエットでメタボ対策ダイエット食品/サプリメント通販
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。