当ブログについて:管理人のプロフ

名曲 音楽動画(PV)/視聴/試聴 <Last update 2016-2-11>

大ヒット曲や管理人イチオシの曲を紹介します。

マイアミ・バイスのテーマ / ヤン・ハマー 

パートタイム・ラヴァー / スティーヴィー・ワンダー

すべてをあなたに / ホイットニー・ヒューストン

テイク・オン・ミー / ア・ハ

Oh、シーラ / レディ・フォー・ザ・ワールド

マネー・フォー・ナッシング / ダイアー・ストレイツ

セント・エルモス・ファイア / ジョン・パー

パワー・オブ・ラブ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

シャウト / ティアーズ・フォー・フィアーズ

エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / ポール・ヤング

007・美しき獲物たち / デュラン・デュラン

ススーディオ / フィル・コリンズ

ヘヴン / ブライアン・アダムス

恋のかけひき / ワム!

ドント・ユー? / シンプル・マインズ

クレイジー・フォー・ユー / マドンナ

ウィー・アー・ザ・ワールド / USA フォー・アフリカ

ワン・モア・ナイト / フィル・コリンズ

涙のフィーリング / REOスピードワゴン

ケアレス・ウィスパー / ワム!

アイ・ウォナ・ノウ / フォリナー

ライク・ア・ヴァージン / マドンナ

アウト・オブ・タッチ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ウェイク・ミー・アップ / ワム!

カリビアン・クイーン / ビリー・オーシャン

心の愛 / スティーヴィー・ワンダー

レッツ・ゴー・クレイジー / プリンス

ミッシング・ユー / ジョン・ウェイト

愛の魔力 / ティナ・ターナー

ゴースト・バスターズ / レイ・パーカーJr.

ビートに抱かれて / プリンス

リフレックス / デュラン・デュラン

レッツ・ヒア・ボーイ / デニース・ウィリアムス

フット・ルース / ケニー・ロギンス

ハロー / ライオネル・リッチー

ジャンプ / ヴァン・ヘイレン

カーマは気まぐれ/カルチャー・クラブ

セイ・セイ・セイ / ポール・マッカートニー アンド マイケル・ジャクソン

オール・ナイト・ロング / ライオネル・リッチ

アイランズ・イン・ザ・ストリーム / ケニー・ロジャース ウィズ ドリー・パートン

愛のかげり / ボニー・タイラー

あの娘にアタック / ビリー・ジョエル

マニアック / マイケル・センベロ

スウィート・ドリームス / ユーリズミックス

見つめていたい / ザ・ポリス

今夜はビート・イット / マイケル・ジャクソン

あまねく愛で / パティ・オースチン&ジェームス・イングラム

アフリカ / トト

ダウン・アンダー / メン・アット・ワーク

アブラカダブラ / スティーブ・ミラー・バンド

マンイーター / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ミッキー / トニー・バジル

トゥルーリー / ライオネル・リッチー

ノックは夜中に / メン・アット・ワーク

アイ・オブ・ザ・タイガー / サバイバー

エボニー・アンド・アイボリー / ポール・マッカトニー&スティーヴィー・ワンダー

炎のランナー / ヴァンゲリス

プライベート・アイズ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

エンドレス・ラブ / ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー

ジェシーズ・ガール / リック・スプリングフィールド

ショッキング・ビートルズ(シングルバージョン)/ スターズ・オン45

モーニング・トレイン / シーナ・イーストン

キッス・オン・マイ・リスト / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ラプチュア / ブロンディ

恋のレイニー・ナイト / エディ・ラビット

9時から5時まで / ドリー・パートン

セレブレーション / クール&ザ・ギャング

ワーキング[メドレー]あやまち / スピナーズ

クルージン / スモーキー・ロビンソン

カーズ / ゲイリー・ニューマン

夢見るNo.1 / ブロンディ

スターティング・オーバー / ジョン・レノン

レイディー / ケニー・ロジャース

ウーマン・イン・レッド / バーブラ・ストライサンド

地獄へ道づれ / クイーン

アップサイド・ダウン / ダイアナ・ロス

愛のテーマ / バリー・ホワイト(ラブ・アンリミッテド・オーケストラ)

忘れられない君 / バリー・ホワイト

セイリング / クリストファー・クロス

マジック / オリビア・ニュートン・ジョン

サンライズ / シンプリー・レッド

ロックンロールが最高さ / ビリー・ジョエル

カミング・アップ / ポール・マッカートニー

ファンキー・タウン / リップス・インク

コール・ミー / ブロンディ

アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール / ピンク・フロイド

愛という名の欲望 / クイーン

愛の証し / キャプテン&テニール

ロック・ウィズ・ユー / マイケル・ジャクソン

エスケイプ / ルパート・ホルムス

プリーズ・ドント・ゴー / ケイ・シー&ザ・サンシャイン・バンド

ひとりぼっちのロンリー・ナイト / ポール・マッカートニー

ジェラス・ガイ / ジョン・レノン

愛のハーモニー / ディオンヌ&フレンズ

テイク・オン・ミー / ア・ハ

ショッキング・ビートルズ(Stars On 45 US Version) / スターズ・オン

オンリー・ユー / ヤズー

汚れなき愛 / ソフト・セル

好きにならずにいられない / UB40

呪われた夜 / イーグルス

チェイン・ギャング / プリテンダーズ

夜明けの天使 / ジュース・ニュートン

マネー・フォー・ナッシング / ダイアー・ストレイツ

ステイ / リサ・ローブ

愛は哀しくて / ボニー・タイラー

オールウェイズ / アトランティック・スター

ホワッツアップ / フォー・ノン・ブロンズ

ザッツ・オール / ジェネシス

アイ・ミス・ユー / クライマックス

カモン・アイリーン / デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

シーサイド・ラブ / エア・サプライ

イージー・ラバー / フィリップ・ベイリー with フィル・コリンズ

ジョアンナ / クール&ザ・ギャング

ブレイクアウト / スウィング・アウト・シスター

ワン・モア・トライ / ジョージ・マイケル

青春の傷あと/ ジョン・クーガー

嘆きの天使 / スティービー・ニックス

ウィ・ガット・ザ・ビート / ゴー・ゴーズ

セーラ / スターシップ

テイク・イット・トゥ・ザ・リミット/イーグルス

ホールド・ユー・バック/トト

宇宙の彼方へ/ボストン

Love Bites / デフ・レパード

ロンリー・ハート/イエス

スレッジハンマー/ピーター・ガブリエル

アイム・セクシー/ロッド・スチュワート

テキーラ・サンライズ/イーグルス

I.G.Y.(What A Beautiful World)/ドナルド・フェイゲン

Through The Fire/チャカ・カーン

霧の中の二人/マッシュ・マッカーン

恋はあせらず(You Can't Hurry Love)/フィル・コリンズ

男が女を愛する時(When A Man Loves A Woman)/マイケル・ボルトン

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード/エルトン・ジョン

翼をひろげて/ジャーニー

ウーマン/ジョン・レノン

バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー & ウィングス

スウィート・チャイルド・オブ・マイン/ガンズ&ローゼズ

Love Bites/デフ・レパード

愛はきらめきの中に/ビージーズ

ベティ・ディビスの瞳/キム・カーンズ

ザ・ベスト・オブ・タイムス/スティクス

ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラブ/バン・ヘイレン

ステッピン・アウト/ジョー・ジャクソン

These Dreams/ハート

ココモ/ビーチ・ボーイズ

To Be With You/ミスター・ビッグ

思い出の中に/リトル・リバー・バンド

月に吠える/ボブ・シーガー

トゥルー/スパンダー・バレー

ふられた気持/ホール&オーツ

ハート・オブ・グラス/ブロンディ

More Than This/ロキシー・ミュージック

ルビー・チューズデイ,ホンキー・トンク・ウィメン,ビースト・オブ・バーデン/ローリング・ストーンズ

ハングリー・ハート/ブルース・スプリングスティーン

ホールド・オン・タイム/エレクトリック・ライト・オーケストラ

ラズベリー・ベレー/プリンス

ハート・トゥ・ハート/ケニー・ロギンス

愛はどこへ行ったの/スプリームス

ゼア・マスト・ビー・エンジェル/ユーリズミックス

それ行け!ウィーク・エンド/ラバーボーイ

ボヘミアン・ラプソディ,愛にすべてを,Spread Your Wings/クイーン

愛はとまらない/スターシップ

ギミー・ギミー・ギミー/アバ

ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン/ドリーム・アカデミー

ボーイズ・オブ・サマー/ドン・ヘンリー

フックト・オン・クラシックス/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

愛のゆくえ/What's Going On[マービン・ゲイ]

イグニッション/アール・ケリー

愛がすべて/スタイリスティックス

アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ハッスル/ヴァン・マッコイ

ラヴァー・ガール/ティナ・マリー

永遠の愛の炎/チープ・トリック

ジャック・アンド・ダイアン/ジョン・クーガー

ニード・ユー・トゥナイト/インエクセス

ナイト・シフト/コモドアーズ

素顔のままで/ビリー・ジョエル

ジェニー・ナンバー・876-5309/トミー・テュトーン

ミスティー・ハート/クォーターフラッシュ

ウィズアウト・ユー/エル・プレジデンテ

ルール・ザ・ワールド/ティアーズ・フォー・フィアーズ

哀愁のヨーロッパ/サンタナ

Kissing A Fool/ジョージ・マイケル

シュガー・ベイビー・ラヴ/ルベッツ

アイ・キャント・ハヴ・ユー/イヴォンヌ・エリマン

ヒート・オブ・ザ・モーメント/エイジア

バビロンの河/ボニー・M

ドライブ/カーズ

クール・ナイト/ポール・ディビス

スターズ/シンプリー・レッド

ラジオ・スターの悲劇/バグルズ

ベイビー・キャン・アイ・ホールド・ユー/トレイシー・チャップマン



アクセスアップにオートリンクネット 
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら






日記コーナー <Last update 2016-4-30>

現在や過去の思い出を洋楽で綴る日記です。洋楽ヒットのデータも掲載します。

プリンス(殿下) 死す! 

1985年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

1984年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

When Doves Cry「ビートに抱かれて」 名曲との出会い 〜プリンス〜

自己破産からの起死回生 〜シンディー・ローパー ソロデビュー〜

ホイットニー・ヒューストン 〜20年前の奇跡〜

1983年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

1982年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

2011年 イーグルスコンサート @ 京セラ大阪ドーム

全米ビルボードの1981年年間チャート

1981年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

レディ・ガガ(Lady Gaga)今さらですが。。。

1980年に全米ビルボードHot100で1位になった曲

全米ビルボードの1980年年間チャート

洋楽に目覚めて・・・

初めて聴いた洋楽、ビートルズ「Let it be」との出会い

The King Of Pops マイケル・ジャクソン逝去

ビートルズ・・・消え行く昭和

『フラッシュ・ダンス/Flashdance』と『フットルース/Footloose』

洋楽をカラオケで 『カーペンターズ/トップ・オブ・ザ・ワールド』

雨と言えば。。『スーパートランプ/Supertramp - It's Raining Again』

ラップ・ミュージックと出会う 『おしゃべり魔女/トム・トム・クラブ, Walk This Way/ランD.M.C』

『ミッシング・ユー/ジョン・ウェイト』 〜 いつかは、会いたい人 〜

『Waiting On A Friend』ザ・ローリング・ストーンズ 〜友を待っている〜

ディープ・パープル 『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 〜 ロック・バンドに憧れて 〜

見つめて欲しい 『フィル・コリンズ』 〜 彼女の事を想い出す 〜

ローリング・ストーンズ 『ミス・ユー』 70年代ディスコ・ブーム

キッス /ラヴィン・ユー・ベイビー『デトロイトを元気にしてくれ』

アローン・アゲイン/ギルバート・オサリバン『当たり前のように、また一人』

ボストン 『8年に一度のお楽しみ』

ホイットニー・ヒューストン 〜20年前の奇跡〜

クイーン 〜がんばれ タブチ〜

イージー・リスニングを再度 〜パーシー・フェースとレーモン・ルフェーブル〜

ポール・モーリア 〜イージー・リスニングの先駆け〜

悲しき願い/ Don’t Let Me Be Misunderstood 『サンタ・エスメラルダ』 カヴァー曲というもの



ローリング・ストーンズ 『ミス・ユー』 70年代ディスコ・ブームの凄さ


以前にも書いたが、洋楽を聴き始めるきっかけとなったのは、『ホール&オーツ』の曲との出会いで、その次にアーティストとしての魅力に引き込まれたのは、『ローリング・ストーンズ』であった。続きを読む




キッス /ラヴィン・ユー・ベイビー『デトロイトを元気にしてくれ』


洋楽を聴きだしてから自分のレコードを買うようになって、徐々に自分のレコードが我が家に増えてきた。とは言っても大半は兄のレコードであり、勝手に聴く事が出来ないのでレコードジャケットを見ては、続きを読む


アローン・アゲイン/ギルバート・オサリバン『当たり前のように、また一人』


『飯島愛さんが自宅で死亡』
突然のニュースがトピックスを賑わした。
特にファンと言うわけではないが、続きを読む


ボストン 『8年に一度のお楽しみ』


ビリー・ジョエル:約23年間(1971〜1993)で12枚、クイーン:19年間(1973〜1991)で14枚。
この数字は、レコードアルバム(オリジナルのみ。ライブやベストは除く)のリリース頻度を表しており、この数字から分かるように、大体の洋楽アーティストは約1.5〜2年に1枚のペースでアルバムをリリースしている。だから、続きを読む


クイーン 〜がんばれ タブチ〜


突然だが、私はプロ野球の阪神タイガースファンである。
家族は全て阪神ファンだった。だから、テレビのチャンネルは大概野球中継で、阪神の試合ばかり見せられていた。特に巨人戦になると、続きを読む


イージー・リスニングを再度 〜パーシー・フェースとレーモン・ルフェーブル〜


先日ブログに書いた後、私には『ポール・モーリア』がちょっとマイ・ブームになっていて、盛んに『ポール・モーリア』を聴いている。
家内に、「『ポール・モーリア』の曲は、何をよく聴いていた?」と聴くと、続きを読む


ポール・モーリア 〜イージー・リスニングの先駆け〜


早いもので今年も師走となり、あと少しで2008年が終わろうとしている。
我が家では先週末より大掃除が始まっている。『大掃除って、ちょっと早いんじゃない?』と思われるかもしれないが、続きを読む


悲しき願い/ Don’t Let Me Be Misunderstood 『サンタ・エスメラルダ』 カヴァー曲というもの


私には6つ上の兄がいる。
小学生の頃、その兄に用事をよく言いつけられた。
「コーラを買って来い。」とか「タバコを買って来い。」とかである。コーラとかタバコであれば、いつも買っている物が分かっていたので、何を買えば良いのか分かり特に問題は無かったのであるが、続きを読む


追悼 〜ジョン・レノン〜


今朝、出勤の為にいつものように車に乗り、走りだす。ラジオからスピーカーを通して、いつもの声が聞こえる。ラジオの話題は、いきなり『ジョン・レノン』の話だった。続きを読む


「ヒューマン・リーグ」 〜テクノ・ポップ/ニュー・ウェイヴ ブーム〜


マッチ、トシちゃん、聖子ちゃん、キョンキョン、明菜など、1980年頃はアイドルの全盛期で、いわゆる歌謡曲というものが主流だった。
その後、ニュー・ミュージックといわれる音楽が続きを読む


「フィジカル」 〜全米ビルボード・チャート連続1位記録の更新〜


1980年代、テレビは音楽番組の全盛期だった。
代表的なものを上げると、「夜のヒットスタジオ」、「ザ・トップテン」、「紅白歌のベストテン(日本テレビ系)」、そして続きを読む


「メリー・クリスマス、ミスター・ローレンス」 デビッド・ボウイ


「クリスマス」と聞くと、真っ先に思い出す映画がある。

「メリー・クリスマス、ミスター・ローレンス/Merry Christmas Mr.Lawrence」続きを読む


クリスマスと世界平和と。。。〜ジョン・レノン〜


仕事帰りのいつもの通り道、私は車を運転して自宅へ戻っている。時刻は、20時過ぎ。
道路から見える風景に、いつの間にかXmasのイルミネーションが目立ち始めていた。
「もう、クリスマスか。」
いつもなら、少しは陽気になるクリスマスなのだが、続きを読む


ポール・マッカートニー 〜ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家〜


「『眠りたい。』っていう歌かけて」
お袋が兄貴にレコードをかけてくれと頼んでいる。
このレコードとは、「ポール・マッカートニー & ウィングス」の「あの娘におせっかい/Listen to What the Man Said」の事を指す。
何故、「眠りたい」という曲なのかというと、続きを読む


「ビリー・ジョエル」 〜生まれて初めて買ったポータブル・カセット・プレーヤーで聴いた曲〜


「早く帰って何か曲を聴きたい♪」
頭の中は、その事で一杯で、とにかく自転車を思いっきり漕いで自宅へと急いでいる。自転車のカゴには、買ったばかりのポータブル・カセット・プレーヤーが入っていて、僕は寄り道をして単三電池4本を買い、再度自宅へと向かっている。続きを読む(動画もあります)


グローイングアップ/恋のチューインガム 〜REOスピードワゴン〜 


1980年頃、流行していた映画の中に青春映画/学園ものが結構あった。有名なところでは、「ラ・ブーム」。主演の「ソフィー・マルソー」が可愛くて、凄く話題になっていた。
次に話題性が多かったのは、「グローイング・アップ」のシリーズで、その中の3作目であった「恋のチューインガム」の映画が非常に記憶に残っていて、忘れられない映画となっている。続きを読む(動画もあります)


エア・サプライ 〜夏の代名詞〜


先月、前職の同僚の結婚式と披露宴に招待されたので、出席をした。
彼は、私と同じ40過ぎ。
失礼だが、もう結婚できないのではないかと少し心配していた。
だから結婚すると聞いた時、自分の事のように嬉しかった。続きを読む(動画もあります)


世界No.1セールス・アルバム「スリラー/Thriller」の想い出 〜マイケル・ジャクソン〜


アルバム「スリラー/Thriller」がリリースされた1982年の当時、一体誰が異常なまでの大ヒットを予想できただろうか。少なくとも、僕たちの仲間内では誰一人として、大ヒットするなど思っていなかった。続きを読む(動画もあります)


ザ・ローリング・ストーンズ 〜ライヴ映画 スティル・ライフの想い出〜


「ローリング・ストーンズのコンサートへ行きたい。」
1981年に「クイーン」のコンサートで、生まれて初めてのコンサートを体験してから、「又、来日アーティストのコンサートへ行きたい。」とウズウズしていた。その後、アルバム「刺青の男 Tattoo you」で「ローリング・ストーンズ」を知ってから、僕の中では「ローリング・ストーンズのコンサートへ行きたい。」という思いで一杯だった。ミックとキースが来日拒否されているのを知るまでは。
そう、ローリング・ストーンズは1973年に来日の予定だったが、麻薬所持で、日本入国拒否となり、コンサートが中止になっていた。そして永久に来日できないとも言われていた。この事実を知ったとき、「彼らのコンサートに行くのは無理か。」と正直諦めた。

その後、1982年に「ローリング・ストーンズ」は「スティル・ライフ」というライヴ・アルバムをリリースする。そして、そのアルバムと同時期に、映画フィルムで「スティル・ライフ」を配信したのだ。これは、映画であり、「ローリング・ストーンズ」のライヴ映像が鑑賞できるというものであった。

僕らは、この映画が封切り後、直ぐに映画館に行き、このライヴ映画を見た。朝から映画館に入って、3回ほど繰り返し見た(当時、映画館は入れ替え制で無かったため、1回入場すると何回でも同じ映画を見ることが出来た。)だろうか。まさに堪能だった。
現在では、ビデオ普及率も高く、このようなライヴ映像はありふれている為、このようなライヴ映画を放映しても、そんなにヒットしないと思われるが、当時は本当に嬉しくて、何回でもこの映像を見たいと思ったものだ。

ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
↑応援お願いします。↑クリック

姉妹サイト
【無料動画で見る】音楽ヒットチャート1980年
【無料動画で見る】音楽ヒットチャート1981年
【無料動画で見る】音楽ヒットチャート1982年
【無料動画で見る】音楽ヒットチャート1983年
branco(ブランコ)で音楽の無料動画をみよう



I Love Rock N’Roll 〜ジョーン・ジェット & ザ・ブラック・ハーツ〜


前にも書いたが、私たちが中高生の頃(1980年代)には、インターネットのような情報ツールは存在しなかったので、洋楽の新曲情報を見つけようとすると、FM番組雑誌に掲載されている全米などのヒットチャートから読み取るか、定期的に聴いていたFM番組(例えば、ポップス・ベストテンやリクエスト・コーナーなど)から得るしかなかった。続き...動画もどうぞ

ダイエット食品・通販 紹介ダイエットサプリメント/食品/通販ダイエット食品通販・方法紹介寒天ダイエットでメタボ対策ダイエット食品/サプリメント通販
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。